高みを目指すブログ

都内近郊に住む暇を持て余した理系大学生が日常を綴るブログです。主なトピックは、勉強系では金融工学、人工知能、プログラミング、python、日常系では、色々なことを書いて行こうと思います。

思考と運動

外資系のエリートやアメリカのエリートを想像すると、彼らは頭が良いだけではなく身なりもとてもスマートな印象がある。実際、知的労働の生産性と体力は密接に関係があるらしい。大学の図書館でたまたま見つけた下記の本を読んで、その辺の考え方を振り返ってみた。

エリート知的労働者が筋トレに励む3つの理由

エリートが筋トレに励む理由は健康的な生活の他に以下の3つの理由が挙げられるという。

  1. ベストな体調を維持する
  2. 外見のシェイプアップ
  3. セルフコンフィデンスの向上

ベストパフォーマンスを発揮するためには常にベストなコンディションでいることが重要であるのは言うまでもないだろう。外見のシェイプアップは、健康的な見た目でいることがポジティブな非言語的メッセージとなり、キャリアアップやプロモーションでプラスに働くらしい。セルフコンフィデンスの向上は、2に似通ったものがあるが、筋トレをすることで自分はできる人間だと言う自信が湧いてくるそうだ。

他にも色々ポジティブな理由が挙げられるので、なるほど筋トレはエリートたる人間にとって重要であることがわかる。

何から始めるか

まずは早朝に起きて運動する習慣をつけるために、家の周りを軽く走ることから始めようと思う。ある程度習慣化してきたらフィットネスクラブに通おうと考えているが、最寄りのフィットネスクラブの早朝コースが月6000円ほどかかるらしい。貧乏大学生の自分にとって、月6000円は大きい金額なので少し様子見てから考えようと思う。

習慣付けたいこと

理想の自分

自分の中には常に自分の追い求める理想の姿というものがある。彼はとても頭が切れて、スタイルが良く、社交的で日々充実した毎日を送っている。また公私の区別はしっかりしており、富と名声を勝ち得てもなお鍛錬を止むことのない努力家だ。そんな彼が僕の中に住み着いたのはいつ頃だろうか?記憶を遡ってみると中学生くらいの頃だった気がする。中学1年生の時にたまたま、定期テスト学年トップ、部活動のレギュラー、生徒会役員という出来事や状態が重なった時期があった。この時に得たこの上ない充実感や自尊心が、この先に自分がならなくてはならない理想像を築きあげたのかもしれない。

理想と現実

最初、そんな理想を追い求めることは自分にとって良いことばかりだと思っていた。向上心がある人間は必ず成長できる。努力こそ全てだと考えていた。しかし、現実はそう甘くはなく、のちに大きな挫折を味わうことになる1。成長できたのは間違いないが、それ以上に心に大きな傷ができた。この傷は今もまだ癒えてはいないと思う。

自己再生のための習慣

傷ついた自分を癒してくれるのは新しい生き方である。今まで敬遠していたものに挑戦し、習慣づけることで新しい自分を築き上げたい。その軌跡をこのブログで綴っていければ良いと思う。つまりこのブログのテーマは

「自己再生」

である。究極の自己満足ブログであるが、ブログなんてそんなもんでしょう。 習慣化したいことをいくつか列挙してみる。

  • このブログの書き込み
  • プログラミング
  • 早朝ランニング
  • 英語の勉強

とりあえずここらのことを頑張っていきたいと思う。


  1. このことはまたいつか記事にしようと思います

ブログ始めてみます

春休みで暇を持て余しているのと、ある種のルーティンを作りたいという気分でブログを始めようと思った。主な話題は勉強のことになるかもしれないが幅広いトピックで記事を書くよう心がけたい。